ご挨拶 

 人間のカラダは、自動車とよく似ている部分があります。

 一般的に、走行距離が10万kmに達すると、タイミングベルトが切れると言われています。 そうなる前に自主的に交換すれば、単なる部品の交換費用だけで済ませることが出来ます。

 しかし、点検を怠って放置すると走行中にベルトが切れて大事故につながる可能性が生じますし、 おまけに、修理にかかる費用は膨大な金額となってしまいます。 人間のカラダも同じで、50年、60年と年数が経過しますと、さまざまな障害が出たりします。

 手遅れになる前に、スーパードクター自らが行う世界最高水準の検査を受けられてみませんか。 私どもは皆様からのご相談のご連絡を、心よりお待ちしております。

林屋 克三郎
株式会社銀座メディカルクラブ
​代表取締役

慶応義塾大学法学部法律学科を卒業後、三菱銀行築地支店に入行。同行に5年在職した後、衆議院議員園田直の秘書を経て独立。1973年1月、株式会社林屋総合研究所を設立、代表取締役に就任。その後、出版社、婦人服製造販売会社、ホテル、飲食店などを経営。ウィーン・フィルやベルリン・フィルのメンバーと共に「軽井沢の森音楽祭」「芦ノ湖音楽祭」「山中湖音楽祭」などを主催、及びプロデュースを行い、近年に至る。2013年12月、株式会社銀座メディカルクラブ 設立。14年5月、NPO法人 先端医療をささえる会 設立。15年9月、株式会社GMCホールディングス設立。スーパードクター・国内の最前線で活躍される免疫学者の協力をいただき、『Medical Diary』『免疫力徹底研究』等を刊行。先端医療の普及活動に努めている。

© 2020 by  Ginza Medical Club  All rights reserved.     TEL 03-3569-6700    E-mail : contact@gmcholdings.co.jp